フラット35住宅ローンを比較する

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。
ですので、銀行の住宅ローンを利用される方が一般的です。
住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事は住宅の価値を重視して審査を行います。
一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そんな時は、比較的安い中古物件の住宅ローンを探しましょう。
ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。
まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。
理由として、年数が経過しているために安全性が問われ物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。
安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。
またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。
今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方は手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。
普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。
利息の安さに惹かれて申し込んでみたものの、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。
それで手数料も合わせた総返済額がいくらになるのか、これらを総合的に計算してみる必要があります。
例えばですが、保証料や初期手数料が無料の銀行では想像していなかったところでお金がかかる場合も考えられます。

フラット35の金利を比較!損しない住宅ローンは?【おすすめ銀行は?】