社会保険労務士試験はかなり高難易度?

社会保険労務士と言えば、企業の労務管理や年金制度のプロフェッショナルとして今では大企業・中小企業・自治体などにも登用されるようになっています。
そのため、資格を持っていると非常に就職活動で有利となりますが、社会保険労務士試験はかなりの高難易度なため取得を目指す方は、相応の覚悟が必要となります。
近年の社会保険労務士試験の合格率はほぼ10%以下で推移しており、数年も受け続けているという方も少なくありません。
また、受験に必要な科目は労働法や雇用保険法、国民年金法など普段の私たちには聞き慣れないものばかりなため学習を始めてもスムーズに進まないケースも多くみられます。
そのため、効率的に学習し短期間での試験合格を目指す場合は独学ではなく資格予備校に通うことを検討しましょう。
資格予備校には、過去数十年間培われた学習メソッドや個人が知ることは難しい膨大な試験情報を持っていますので、独学よりもかなり有利に学習を進めることができると言えます。
生命保険は早く加入したほうがお得?【若いうちが良い?必要ない?】