白髪染め選び方

白髪染め市場は昔も現在もとても広く、大手メーカーから個人が販売する商品まで、その商品数はとても多いものになっています。医薬部外品として販売されているもの、化粧品として販売されているもの、一般の雑貨として販売されているもの様々です。これだけ多数ある白髪染めから、ご自分が染める白髪染めをどうやって選べばいいでしょうか。ここでは、各メーカーが販売している代表商品の酸化染毛剤と、天然系白髪染め剤の二つを見ていきたいと思います。

一つ目として主要メーカーが発売している商品の代表として酸化染毛剤があります。この酸化染毛剤と呼ばれる種類の染毛剤は、実は明治時代に発売された商品が改良され大正時代に完成した染毛剤なのです。この酸化染毛剤は染色効果が非常に高く、現在でも各メーカーが主力商品として販売されています。二つ目として、最近ネット上でよく宣伝されている天然系白髪染め剤があります。これらは、髪を傷めずに皮膚にやさしく白髪を染める事ができる事を、この商品の最大の特徴として挙げています。

確かにこれらの商品は、天然系成分を使用して染色しているのでしょうが、その効果を過剰に宣伝していることが少なくありません。また、酸化染毛剤等の医薬部外品や化粧品として販売されている商品と天然系商品を対比させて、いかにこの天然系商品が優れているかを宣伝しているホームページも少なからずあります。これらの天然系白髪染めは、アレルギーを一切起こさないと謳っているものがありますが、全く起こさないと言い切れるような商品は世の中にないと言っていいでしょう。

販売を優先するあまり、過剰に効果を謳っている商品が最近少なくありません。ですが天然系の白髪染め商品も、化粧品として販売し成分について十分考慮されている場合もありますし、その染色効果の度合いやアレルギーについても明確に表示されているものもあります。いずれの種類の白髪染めを使うとしても、染色効果や結果はそれぞれ全く異なります。